インストラクターのブログ
~ kumiko style ~井藤久美子のオフィシャルブログ
~ kumiko style ~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年12月のアーカイブ

2013年12月のアーカイブ

いきいきのびのび健康づくり協会の忘年会☆

  • 2013-12-26(木)10:51
  • 更新日:2013-12-26 10:52

いきいきのびのび健康づくり協会の忘年会が先日の12月22日(日)に開催されました。

東京からゆみちゃん石川からまっちゃんがポンキちゃんと一緒に来阪。あしゅや旦那さんや矢野さんも御参加で賑やかです

まるで大きな家族みたいですよぉ

母が、毎年この時にはお菓子で出来た家を持たせてくれます。イヴの24日は玉ちゃんのバースデーなのでプレゼント

しかし、、今回はお子ちゃまたちが大喜びで目が釘付けに喜んで頂けて何よりでしたぁ

この素敵な協会の皆さんは、本当にみんなで成長し、育成を支えて頂き、多くの方々を笑顔にする仲間の集まりです。

ほんわか温かい温もりのある(・・・しかし、とてつもなく考えられない位働く会長を筆頭に)出来る精鋭人の中に参加させて頂き2013年は幸せに頑張らせて頂いた井藤でしたこの仲間が大好きでーすぅ

みなさま、ありがとうございました~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大阪ひめトレ養成2日間セミナー☆Part.2

  • 2013-12-24(火)01:11
  • 更新日:2013-12-26 10:12

ひめトレワールドカフェでそれぞれのチームの方々が出た案での作成プレゼンテーションの発表の時間です毎々新しい案でワクワクするのですが。今回はまた、かなりのエンターティナーの方が多く、案も面白くて見応えあります。そしてやってみたい発想が一杯でした

面白くて分かり易いショートステージでしたよ。。

役者の方揃いでした~

最後は変顔です。

今回は皆さんのキャッチが早く5名の男性陣も皆さん前向きでした

大阪ひめトラ誕生でまた沢山の方に広がります。。年末のお忙しい中の御参加をありがとうございました素晴らしいひめトレ仲間の方が増えて嬉しいです

次回の大阪は1月25日・26日です。残り枠わずかです。お早目のお申し込みくださいませ

https://jcca-net.com/seminar_search/view/3930

愛媛開催は、3月8日・9日です

https://jcca-net.com/seminar_search/view/4110

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大阪ひめトレ養成2日間セミナーPart.1☆

  • 2013-12-24(火)00:49
  • 更新日:2013-12-24 00:49

12月21日(土)・22日(日)大阪ひめトレ養成セミナーが開催されました。

ひめトレとは、骨盤底筋に感覚入力することによってコアが働き出して内臓があるべき位置に戻る、そして姿勢改善したり、骨盤が整ったりウエストシェイプされたり、尿もれ予防となったりする画期的なツールなのです。これを使用する指導者養成講習会です。ストレッチポールを日本に取り入れ新しい使用方法を更新し常にコアの研究を行っているJCCA日本コアコンデショニング協会によるものです。

今回はいきいきのびのび健康づくり協会主催による講習会です。

そして、今回は尾陰会長と私が担当させて頂きました。この業界に入りピラティスやヨガを学び指導を始めてから解剖学や機能改善を学び始めた時尾陰先生の講座の分かり易さ、引き込まれていく感覚、難しい内容を興味深くそれぞれに分かり易く伝えて頂くのでとりこになった先生です。・・忙しく時間の無い中を準備を行い担当させて頂きました。そして今回は協会から事務局長の玉川純子さんと、ヨガチームのリーダーでもある橘千鶴さん、愛知からは池内さんの御参加でより身の引き締まる思いです

尾陰先生の講座は、毎回人や空気によって違うので飽きず新たな感覚、、本当に不思議なのです。。

皆さんが惹き込まれ・・

納得されて腑に落ちる、、

私も担当させて頂いたシーンです。解剖学と安全の使用方法とプログラミング。。

2日間で持ち帰った時に即現場で使用出来るように何度もドリルを繰り返して確認作業を行います。

そして、試験もようやく終わってひと安心。

ワールドカフェに突入

チーム内でイメージが膨らみ案が具体的に進みます。。

そして作成は楽しい時間ですいつも思わず入りたくなる井藤です

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

☆今年の大きなクライマックス☆

  • 2013-12-23(月)23:49
  • 更新日:2013-12-23 23:49

私の今年は、講師というお仕事がとても大きく比重を占め今年の最後の山場でもある12月21日・22日のセミナーは「いきいきのびのび健康づくり協会」主催で、尾陰先生と二人での講座を担当させて頂きました。

普段の業務から当日までの準備の時間が取れるかで本当にきりきりです。そして、憧れの尾陰先生との講座は本当に緊張ですが、当日迄は時間との闘いの数日

しかし、終わってみると次回への反省点も見えてきます、そして達成感や「今年頑張った自分」を褒めたい思いがふつふつと沸きます。

いきのび協会に所属させて頂き、慌ただしい中でも、講師としての業務に携わらせて頂き指導業務も幅が広がりまた多くの方との出会いは本当に何にも変え難いものでした。協会は尾陰先生や梅本さん始め、本当に精鋭人ばかりで運営も講師としてもスペシャリストな面々の皆さんです。その中で活動させて頂き幸せな限りな井藤です

来年も今年を生かして始動していきます

いや~、今年はほんとちょっぴり頑張った自分にご苦労さまって言っておきます

・・その前に、年末の感覚が全く飛んでしまっていてやること満載でした~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

日本ヨーガニケタン大阪YIC第21期コース修了☆

  • 2013-12-16(月)00:32
  • 更新日:2013-12-16 01:42
ヨガの論文が出来たー!!!
 
A4・文字サイズ10で50枚近く、長ーいながい道のりだったけれど、論文作業を通しての気付きも沢山ありました。
 
提出の日の夜中3時頃まで掛かった人も多かった様でした。
••・・今はペーパーレスの時代だからデータで提出なんですよね☆
明日は、筆記と実技試験で今年の残りの第一関門突破♪( ´θ`) 

 

沢山のテキストには、ヨーガ哲学やヨーガ智慧が詰まっていました。

木村慧心先生が1981年にこの日本ヨーガ・ニケタンのヨーガ療法士の学科を設立されました。

先生は日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ代表日本アーユルヴェーダ学会理事でもある方です。

インドの中央政府が主体となって、ヨーガと自然療法の医科大学8校を設立し、30校を超える大学にヨーガ学科が設置されているそうです。

大学病院では、外科、内科、耳鼻科などとともにヨーガ・セラピー科が併設され、ヨーガ・セラピストたちが勤務しています。先生は「ポーズが病気を治すわけじゃない。患者さんが治っていく機序をヨーガ療法の人たちはちゃんと理解していないといけないですよ。」と言われます。

近いうちに日本にもヨーガ療法の大学を設立される計画が進んでいるそうです。

私達の学んでいる内容が大学のカリキュラムになります。

慧心先生の講座は智慧が詰まっています。。直接の講座を受けたい思いで一杯です。

 

 

そして今日は、1月から開始した大阪YICを無事に修了しました!!

授業が外せない他の大事なお仕事と被ったりでプツプツと休んだので実は単位ギリギリ

休んだ分は補習のDVDを観て、課題提出しなければいけなかったのですがこれがまた大変

無事修了出来るのかがとっても不安でしたが、中番からはとても充実したカリキュラムにどんどん引き込まれる思いでした

事務局の杉山さん始めOBの先輩方にも沢山サポートをして頂いたり寄り添って助けて頂きました
ヨガ哲学が感動的にとっても深まった!
 
 
 
 
 
 

 

班がよく一緒になれたインドの御料理のスゴ技ばかりの大岩根サン

とっても久しぶりの再会で今回、同期だった藤原如美チャンと

そして、なんとも癒される大阪YIC21期の仲間の皆さんと最後にして打上げにお誘い頂きほぼ全員の方とお話も出来て友好の輪を深めることが出来ました

私の所属するいきのび協会の活動内容にご興味を持って頂いた方も多く嬉しく楽しい会でした

課題も多く、タイトな日々ですがやはり、素敵な同期の仲間と共にYTICで学びを深めたい思いが込み上げています!!

ヨーガ療法によって病気の方に処方対応できるのです。それは勉強の日々だと思いますが、より詳しく禁忌な事が学べる。。

これからの時代に必要な内容が満載と思います。。

来年は、色々と出張も入りますが、、行きたいナ・・・と考え中

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2013年12月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 12月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る